FC2ブログ

122.お釈迦さま(4)

 20150529ボダイジュ  20150529ボダイジュ2 

  心の平安を求めて29歳で王子の地位と家族を捨てて出家されたお釈迦さまは、最初に名高い修定者のもとで修行を重ねられましたが満足を得ることができず、その後苦行の道に入られました。
 そこでの命がけの苦行にもかかわらず真のさとりを得ることができなかったお釈迦さまは、苦行の場を離れて村娘のスジャータの差し出す乳粥を口にされました。

 元気を回復されたお釈迦さまは、ガヤーという村のピッパラという樹木の下に静座し瞑想に入られました。「今、悟りを得なければ生きてこの座を立たない」という決意を込められたと伝えられています。

 お釈迦さまが菩提樹のもとで瞑想を続けておられたときに悪魔が近づいてきてお釈迦さまの瞑想を妨害をしようとしたというお話が伝えられています。
 悪魔は時には甘くささやき、時には強く襲いかかりお釈迦さまの瞑想を邪魔立てします。
 この「悪魔」は、外界に存在するものではなく、自身のうちにひそんでいる煩悩のことを表しているのだと教えていただいたことがあります。真理を求める望みが強ければ強いほど、この「悪魔」の妨害も強くなると伺いました。

 お釈迦さまはこの「悪魔」との壮絶な戦いの後、ついにさとりを得られました。35歳の12月8日だったと伝えられていますので、王子の身分を捨てて出家されてから6年を経ていました。

 お釈迦さまはさとりを得られた後、しばらくはその場に坐したままさとりの楽しみを味わっておられました。
 また、さとりの内容を人びとに語り伝えるべきかどうか、ということについても思いを巡らせておられたということです。このさとりについて語ったとしても、人びとはその境地を理解できないのではないかと、衆生に語ることをためらっておられたと伝えられています。
 しかしその場に梵天(インドの神様で仏教の守護神ともされます)があらわれ、お釈迦さまにさとりの内容を衆生に説くように繰り返し請いました。(「梵天勧請:かんじょう」とお呼びしています)

 お釈迦さまはこの梵天の強い勧めを受けて、ついにご自身が得られたさとりの内容について人びとに説くことを決意されました。
 こうして、お釈迦さまによって明らかにされた真理が人びとに語られることになり、その結果、遠く時間と空間を隔てた私たちもお釈迦さまが得られた真理をお受けすることができることになりました。

(写真は、お釈迦さまがそのもとで瞑想されさとりを開かれたピッパラ樹で、ブッダガヤの「大菩提寺(マハーボーディー寺院)」にあります)

 お釈迦さまが瞑想をされさとりを開かれた場所は「金剛座」と呼ばれています。
 1997年にはインドからその金剛座を描いた右の切手が発行されました。この切手は、インドで開催されたINDEPEXという国際切手展を記念して発行された4枚セットのひとつですが、他の3枚にもインドの仏教遺跡が描かれています。
 現在のインドは圧倒的なヒンズー教国で国民の80%近くがヒンズー教徒、仏教徒は1%にも満たないと言われています。そのような環境でインドの仏教遺跡は荒廃していたのですが、近年整備が進められているようです。
 
 お釈迦さまがさとりを開かれたことにちなんで、ガヤーの地はブッダガヤ、ピッパラ樹は菩提樹と呼ばれるようになりました。
 日本の寺院にもボダイジュが植えられていますが、インドの菩提樹(クワ科のインドボダイジュ)とは別のシナノキ科のボダイジュです。インドのボダイジュは日本の気候では育たないところから葉の形が似ているボダイジュが代わりに植えられているようです。こちらは、シューベルトの「菩提樹」に近縁のボダイジュです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



121.「実践運動」宇部北組委員会

20150525セッコク1   20150525セッコク2  

 5月22日、万倉の教善寺さんを会場に、「御同朋の社会をめざす運動(実践運動)」宇部北組委員会が開催され、壽福寺からは住職と仏教婦人会の杉山博子会長が出席しました。
 参加者は、正副組長や仏教婦人会、総代会、子供会、壮年会などの活動組織の長と担当寺院でした。

 この「御同朋の社会をめざす運動(実践運動)」は、1986年より「御同朋の社会をめざして」という目標を掲げて宗門で取り組まれた「基幹運動(門信徒会運動・同朋運動)」を起源としています。
 その後、この運動の成果をもとに2012年4月より運動の名称を「御同朋の社会をめざす運動(実践運動)」と改め、宗門全体の活動として取り組んできました。
 2012年から2014年の3年間をその活動の第1期とし、今年度から3年間の推進期間を設けて取り組むこととされたものです。

 この実践運動では、門信徒、僧侶、寺族、寺院やさまざまな団体がそれぞれの特性に応じて、独自に「実践目標」定めて活動を推進することになっています。
 今年度からの3年間の運動を表すスローガンとして従来の「そっとつながる ホッがつたわる~結ぶ絆から、広がるご縁へ~」を「結ぶ絆から、広がるご縁へ」に改めて、運動を推進することになりました。

 山口教区では、実践目標として「日常寺院活動~開かれたお寺にしよう!~」を設定、この3年間で次の目標を達成しようと推進計画が設けられました。
 〇教区・全組での御同朋をテーマとする研修会の開催
 〇地域になじむお寺にしよう
 〇時代に即した広報活動の推進
 〇連研実施組の拡大

 今回の宇部北組の委員会はこの山口教区の推進計画を受けて、3年間の達成目標として「地域の人々とお寺とのご縁づくりを進め、研修会や行事の活性化を図る」を設け、それに向けて行う活動について検討を行ったものです。
 その主なものとして、従来の活動に加えて次の事項について取り組むことを確認しました。
 〇宇部北組が引き受けになっている山口教区のキッズサンガの着実な実施(2015年度)
 〇連続研修会の開催(2015、2016年度)
 〇宇部北組のホームページの開設と内容の充実(2015年度)
 〇宇部北組としての報恩講の実施(年に1カ寺、可能な寺院持ち回りで組内のご門徒さんに参拝してもらう方式を検討することになりました)

 このように宇部北組として取り組みを進めることになっていますが、壽福寺としても、より多くのご門徒さんに参加していただけるように行事を企画、実施していきたいと考えています。
 
(写真はセッコクです。)

 今年は例年よりも多くの花を付けてくれたように思います。
 このセッコクは、もう9年前になりますが、仙台方面を旅行したときに瑞巌寺の境内の売店で売っていたものです。ズイガンジセッコクという名前で、なんでもその瑞巌寺にある高いスギの木の地上から20メートルのところに着生していたのを増やしたのだそうです。
 実を言いますとこれは2代目で、最初のものは枯らしてしまったのです。一緒に旅行に行ったメンバーのもう一人もこの鉢を買ったのですが、彼はランの栽培の名手でその後株分けをしたのを分けてもらったのがこの2代目ということになります。こんどは枯らさんようにしようと思っています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

120.お釈迦さま(3)


 20150522スジャータ1     20150522スジャータ2 

 お釈迦さまのご生涯を学ぶ記事を最後に載せてからもう2か月が経ちました。
 これまで続けていました「お正信偈を読む」も「依経段」を終わり、七高僧のみ教えを学ぶ「依釈段」に入りますので、その前にお釈迦さまのご生涯とみ教えについて学びたいと思います。

 これまで学んできましたように、お釈迦さまは生老病死という人間としてどうしても逃れることのできない苦について深く思い悩まれ、なにひとつとして不自由のない王子としての生活と家族を捨てて出家されました。29歳のときだったと伝えられています。

 出家されたお釈迦さまは各地を遍歴された後に、当時のインドの文化の中心地であったマガダ国の首都、王舎城付近に住む名高い修定(しゅじょう)の実修家をたずねられます。修定というのは、禅定(瞑想)を通じてさとりの境地に近づく修行ですが、我々の邪念の根源がわれわれの意識にあるとしてそれを滅することを目指す立場ということができるようです。
 お釈迦さまはこれらの師のもとで修行を重ねられてその奥義に達せられましたが、しかし、なお心の満足を得ることができなかったと伝えられています。

 その後、お釈迦さまは尼連禅河という河のほとりに赴き、多くの行者とともにさまざまな苦行に入られました。
 苦行は当時もインドで盛んにおこなわれていた修行で、邪念の根源がわれわれの不浄なる肉体にあるとして、その肉体を痛めつけることにより邪念から自由になろうとするものといえましょう。

 お釈迦さまが取り組まれた苦行は、飲食を断ち、呼吸を止めいばらの床に臥すなど肉体を苛む過酷なものでした。
 このような苦行を6年続けられたお釈迦さまは骨と皮だけの姿になられましたが、それでも真の満足を得られることはなかったと伝えられています。
 お釈迦さまは、このように体を痛めつけることは正しいさとりを得る道ではないとさとられて、これらの苦行一切を放棄されました。
 お釈迦さまは尼連禅河で沐浴され、スジャータという村娘が差し出す乳粥を飲んでやつれ果てた体の回復を図られたのです。

 一たび出家した者が苦行を放棄し村娘の供養を受けるということは、当時のインドの宗教界では画期的なことだったと考えられます。苦行を放棄したことはもちろんのこと、カーストという階級制度が厳しかった当時、村娘から供養を受けるということも大変な出来事だったと思われます。
 お釈迦さまと共に苦行を続けていた人たちからも、お釈迦さまは堕落した、とみられたと伝えられています。

(写真は、ブッダガヤにある「スジャータ寺」です。)

 スジャータがお釈迦さまに乳粥を差し出している像がありました。骨と皮に痩せられたお釈迦さまの様子も見ることができます。
 スジャータというと、コーヒーに入れるフレッシュミルクを思い出しますが、この製品名は村娘スジャータに由来するのだそうです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

119.宇部北組の初組会に出席しました


20150518連続研修1
  20150518連続研修2

 去る5月11日、宇部北組の初組会が開催され、代表総代の井上さんと住職が出席しました。

 昨年の初組会の記事でもご報告しましたように、この組会というのは宇部北組19カ寺の住職と総代さん各1名が組会議員となっている組織で、宇部北組の運営の基本を決定する機関です。

 今年度の議題は次のようなもので、いずれも承認可決されました。
 1.平成26年度教化活動報告
 2.平成26年度会計決算
 3.平成26年度会計監査報告
 4.平成27年度教化活動計画
 5.平成27年度会計予算

 *上記の「教化活動」の内容として、次の活動について担当者から報告、提案がありました。
  総代会、仏教壮年会、仏教婦人会、子供会、連続研修会、若僧会、「実践運動」委員会
  このうち、仏教婦人会については今年度より向こう3年間、壽福寺の杉山会長が宇部北組連盟の会長に就任されますので、今年度の活動計画については事務局担当寺院として住職から提案しました。  

 今年度の活動計画の中では、重要事項として次の2件について詳細な説明がありました。

 1.連続研修会計画
  すでにご連絡の通りですが、7月31日までに今年度の受講者を事務局に奉告することになりましたので、壽福寺としては新聞「壽福寺だより」6月号でもお知らせして受講者を募る予定です。
  奮ってご参加ください。

 2.山口教区少年大会(キッズサンガ)引き受け(8月27日:アクトビレッジおの)
  当日のプログラムや組織などについて説明がありました。住職、坊守、総代会、仏教婦人会など組を挙げて取り組もうということになり、つぎのような応援の要請を受けました。
  総代さんの応援:2名
  仏教婦人会の応援:2名
 これについても、追って対応を検討する予定です。

 また、若僧会からは宇部北組のホームページを作成することについて提案があり、承認されました。

(図は当日配布された「連続研修会(れんけん)のご案内」です。)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

118.ご門徒さん紹介:岩崎祥子さん


20150515イラスト2
   20150515イラスト3

 今回新しく「ご門徒さん紹介」というシリーズを始めます。ご門徒さんやご家族のことをご紹介するシリーズにしていきたいと考えています。

 その第1回目に岩崎祥子さんをご紹介します。祥子さんは、すでにご紹介しました新聞版の「壽福寺だより」の4月号にイラストを描いていただいた方で、ご門徒さんの岩崎和人さん、京子さんご夫妻のお孫さんです。
 子供の頃から絵を描くことが好きだったそうで、現在は色鉛筆を使って絵を描いておられます。先日作品を見せていただいたのですが、子供さんや動物を描いた絵がほのぼのとして思わずにこりとさせられる絵でした。

 今回の新聞のイラストは、「ご存知ですか」というシリーズで「合掌・礼拝」のために描いていただきました。
 このブログでも以前に「合掌・礼拝」を取り上げたことがありますが、説明する写真が堅苦しいものになってしまいました。それで、新聞では少しソフトなイラストを載せたいと思い祥子さんにお願いしました。
 以前のブログの「合掌・礼拝」の記事を参考にして下絵を描いていただき、それを一部修正して今回のイラストができました。

 その下絵は次のようなものでした。
 新聞の記事では使いませんでしたが、右の礼拝のイラストは「頭をひょこりと下げるのではなく腰から上を傾けて下さい」ということを示すイラストなのですが、この子供さんがひょこりと頭を下げている姿がなんともかわいいものでした。

    20150515イラスト0    20150515イラスト1

 祥子さんも出品される作品展「弦気展」が下記により開催されますので、ぜひ一度ご覧になってください。

 1.日時
  5月16日~18日 9:30~17:00
 2.場所
  美祢市東厚保山中1167 和楽工房「百夢(ゆむ)」
  電話 0837-58-0145
 3.関連イベント
  野外ではフリーマーケットが開催され、花の苗や米粉パンなどが販売されます
  また、手作りの桜餅とコーヒーの無料ティータイムもあるということです

(最初の写真2枚は、新聞用に描いていただいた画像です。)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

117.宇部北組の連続研修会のご案内です


P1150025.jpg  P1150037.jpg

 4月30日に開催されました宇部北組の法中会で「連続研修会」の実施要領が報告され、受講者の募集を開始することになりましたので、以下その概要をご連絡いたします。

1.研修会の名称
 「第5期宇部北組連続研修会」
 これまで旧厚狭北組で4回開催されたものを継承するものです

2.目的
 浄土真宗のご門徒としての基本的な項目を共有するとともに、み教えのなかで一緒に活動していく仲間となる人材を養成する。

3.開催期間
 平成27年9月12日から平成28年11月12日
 原則として毎月第2土曜日の19:00~21:00

4.研修回数
 全12回

5.使用教材
 『連研ノートE』、『浄土真宗必携 み教えと歩む』

6.参加寺院
 19ケ寺
 会場:組内寺院持ち回り
 講師:組内寺院住職が持ち回りで担当

7.参加者
 各寺から1,2名。合計20~30名程度。年齢制限なし

8.研修内容
 「仏事作法」「仏事・法事」「葬儀」「宗教・神・仏」「同朋運動について」「身近な浄土真宗」「浄土真宗に出遇えて」「念仏」「浄土」「信心」「社会人経験を通しての浄土真宗の味わい」「まとめ」など

9.募集のご連絡
 追って新聞「壽福寺だより」で実施します
(写真は、5月3日の降誕会の写真です)
 左は、お斎の準備、後片付けでご協力いただいた仏教婦人会の方々、右は餅まきのお世話をいただいた総代会の方々です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

116.降誕会をお勤めしました


20150508集合写真
 
 5月3日、降誕会をお勤めしました。

 朝からの雨で少し肌寒さを感じるような天候でしたが、約4 0名の方にお参りいただきました。

 当日はご講師に宇部北組の寶林寺のご住職市川幸佛師をお迎えし、親鸞聖人がお示しいただいたみ教えについて伺いました。

 師からは阿弥陀如来のご本願に出遭うことによって私たちが与えられる利益(りやく)についてお話いただきました。私たちが一般的に思い浮かべる利益(りやく)というのは物であったり、お金であったりあるいは健康であったりしますが、これらの利益と親鸞聖人がお示しいただいた阿弥陀如来からお受けする利益の違いについて次のようにお話いただきました。

 お金を例にとりますと、お金が手に入ったらそれをなくしたくない、人にとられたくない、もっとたくさん欲しい、と新たな欲望を生じる原因となります。またお金は残された人の間に争いを生じる原因にもなります。
 このように利益を得ることによってかえってその「利益」に取り込まれ、囚われるというのが私たちの姿だとお示しいただきました。

 一方、阿弥陀仏のご本願に遭わせていただいたことによって私たちが与えられる利益には現益(げんやく:現生において受ける利益)と当益(とうやく:当来において受ける利益)があり、現生で正定聚の位にはいる現益と、当来において涅槃をさとる当益とは、前記のお金と違って損なわれることもなく、誰かがとったら誰かがとることができなくなるようなものでもない確かな利益だとお示しいただきました。

 私たちが一般的に望む「利益」は私たちの「欲」を満足させるようなものになりがちです。しかしそれは、お金のようにいくら手にしてもまだ満足できず、不安や争いを起こす種になるものだといえそうです。
 一方、阿弥陀仏のご本願に遭わせていただいたことによって、私たちはそのような欲にとらわれていることに気づき、本当の「利益」が何であるのかということに思いを致すことができるのだと、お示しいただきました。

 ご法話の後、恒例になりました写真撮影を行い、ご参拝のみなさんお楽しみにの餅まきを行いました。
 餅まきは皆さんからお寄せいただいたお餅やお菓子をお撒きしました。

 今回も総代さん、仏教婦人会の方には大変お世話になりました。
 総代さんには朝の受付から、餅まきの準備、餅まきにご協力いただきました。
 仏教婦人会の杉山会長、井上副会長には本堂の清掃、会場準備をお願いし、婦人会の皆さんにはお斎の準備、後片付けなどでご協力をいただきました。
 お礼申し上げます。

(写真は、本堂での写真です。)
 当日は雨でしたので、本堂で撮影しました。満開の藤棚をバックに撮影したかったのですが、残念です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

 

115.法中会のご報告です

    
20150504ツツジ    20150504エビネ
 去る4月30日、宇部北組の法中会が開催されました。
 この法中会というのは宇部北組の住職の会で、前年度の活動と今年度の活動計画について報告、承認していただく会です。

 当日報告、検討された事項は次の通りです。

 1.初組会の概要

 2.宗派、本願寺からの情報
  ・2015年度の宗務の基本方針
  ・法務委託、代行制度について
  ・その他

 3.山口別院からの情報
  ・永代経法要の概要

 4.今年度の行事計画
  ・キッズサンガ実施要領
  ・宇部北組「連続研修会」開催要領

 5.その他

(写真は、先日ご門徒さんの志賀英治さんのお宅で見せていただいた花です)

  志賀さんは裏の山を利用して、たくさんの花を育てておられます。
  当日は、ツツジやヒメシャガ、キエビネの姿の楽しみました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

 

114.お正信偈を読む(23):依経段(19)

    20150501シャガ2    20150501シャガ1

 「お正信偈を読む」の「依経段」も最後の4句となりました。

「御文」 弥陀仏本願念仏 邪見憍慢悪衆生(みだぶつほんがんねんぶつ じゃけんきょうまんなくしゅじょう)
     信楽受持甚以難 難中之難無過斯(しんぎょうじゅじじんになん なんちゅうしなんむかし)

「訓読」 弥陀仏の本願念仏は、邪見(じゃけん)・驕慢(きょうまん)の悪衆生(あくしゅじょう)、
     信楽(しんぎょう)受持(じゅじ)すること、はなはだもって難(かた)し。難(なん)のなかの難これに過ぎたるはなし。

「訳文」 阿弥陀仏の本願念仏の法は、よこしまな考えを持ち、おごり高ぶる自力のものが、
     信じることは実に難しい。難の中の難であり、これ以上難しいことはない。

 これまで阿弥陀仏の信心をいただいたものは素晴らしい5つの利益(りやく)に恵まれるという聖人のおことばをいただいてきました。ところが、聖人はこの最後の4句で、「この信心を得ることは大変に難しい、難中の難である」と言われるのです。

 私たちは私たちが持っている煩悩をすてることができなくても、阿弥陀仏のお力におすがりすれば素晴らしい利益を得ることができると仰ったのに、それは難中の難だと言われるのです。
 これはどういうことなのでしょうか?

 ここでは、「邪見憍慢悪衆生」の句に注目することが必要だと思います。
 「邪見」とは一般的には「よこしまな見解、誤った考え」という意味ですが、親鸞聖人は「自力をたのみ、本願を疑うこと」という意味に使われているようです。
 また、「驕慢」は、「おごりたかぶる心」という意味ですが、聖人は「自力にとらわれる心」といった意味で使われています。

 ということは、邪見驕慢の人は自力に頼りそれを頼みにしていますから、阿弥陀仏の本願をそのまま受け入れることがかえって難しくなる、ということをお示しいただいているのだと思います。
 「レッツ正信偈」のご本に「仏の側からすでに与えられているものを、自らが先行すると、仏の働きを拒絶することになるからです。あたかもドアがPull(引く)とあるのを、Push(押す)するのと間違うようなものです。」という稲垣選恵先生のお言葉が引用されていましたが、まさしく力を入れれば入れるほど動かないという状況になるのです。

 この邪見驕慢の人は自分とは関係のない別の人のように思ってしまいそうですが、実はこれは私たちの姿ではないかと思います。
 私たちは阿弥陀仏の本願をいただきながら、それを疑っているというようなことはないでしょうか。いやいや自分で何とかできるのではないか、と思うことはないでしょうか?
 邪見驕慢の人、という言葉で聖人は私たちの姿を示していただいているのだと思います。 

 私たちは自分の力では煩悩を捨てることもできず、自分の力で往生を求めることなどまったく不可能だと思い至り、阿弥陀仏に全てをお任せすればよいのだということをこの4句から改めて確認したいと思います。

(写真は、シャガの花です。宇部方面から帰る途中で出会いました。)

 ちょうど今時分、一番美しい花期を迎えている植物です。
 シャガはもともとは中国原産の植物で、日本には移入された植物だということです。従って、山奥などで咲いているものも以前に人が持ち込んだものだと考えられているようです。
 昔、城を築くときにこのシャガを土手ののり面に植えたという話を聞いたことがあります。シャガの葉で足が滑って敵が城に攻め上りにくくしたのだそうです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)


カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR