FC2ブログ

53.浄土真宗の教章(8)


20140929キンモクセイ1
   20140929キンモクセイ2

 本日の「浄土真宗の教章」は、「宗門」の項です。
 これまでご一緒に学んできました「浄土真宗の教章」も本日の「宗門」で最後となります。

 「教章」には次のように記されています。

 宗門 この宗門は、親鸞聖人の教えを仰ぎ、念仏を申す人々の集う同朋教団であり、人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝える教団である。それによって、自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献する。

 ここでは、私たちの教団は「同朋教団」であると示されています。
 「同朋」という言葉には、私たちは阿弥陀如来から信心をいただいたもの同士ですから、ともにご法義をいただく仲間として敬いあっていくということが示されています。
 私たちは法名に等しく「釈」の字をいただいていますが、これは、ともにお釈迦さまの弟子となることの名乗りだと伺いました。古くインドでもお釈迦様の僧伽(さんが=出家者の教団)では、弟子として入門した者はみな等しく仏弟子として敬いあったと伝えられています。これが「同朋」の意味だと思います。

 阿弥陀如来の智慧と慈悲によって救われた私たちは、その喜びをまわりの人々に伝えることが求められています。
 もとより私たちは「煩悩具足」の身には違いありませんが、私たちがお念仏を喜ぶ姿や、私たちの明るく元気な生き方をまわりの人が見た時に、お念仏の生活はこういうあたたかい世界なのかと知っていただければこれは嬉しいことです。
 このような私たちの生き方が、自己中心的になりがちな現代社会で「自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現」にほんの少しでも貢献できればこれに勝る喜びはない、と思います。

 前回ご紹介しましたが、「浄土真宗の生活信条」をこの「教章」の光の中で読み返してみると、私たちに示された生活のありかたが改めて確認できるような気がします。そしてそのことが、教章に(私の歩む道)と付言されている意味だと思うのです。

 以上、8回にわたって学んできました「浄土真宗の教章」も本日で終わりとなりました。
 最初に申しましたように、この8回の記事を作成するにあたっては、「浄土真宗の教章」が改訂された際に発行されました「『浄土真宗の教章(私の歩む道)』を理解するために」という資料を参考にさせていただきました。
 私の理解の誤りや理解の浅いところもあると思いますが、私としては改めてこの教章を読み返し、思い返すよい機会になりました。
  
(写真は、玄関前のキンモクセイです)
 
 9月25日に咲き始めているのに気付いたのですが、ここまで咲きました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

 
スポンサーサイト



52.ご紹介します(2):新しい「日常勤行聖典」


 20140926書籍1    20140926書籍2 

 去る9月1日に新しい「浄土真宗本願寺派 日常勤行聖典」が本願寺出版社から発刊されました。 従来の「日常勤行聖典」はB6版のものがありましたが、今回発刊されたものはA5版と一回り大きくなっています。それにあわせて活字も大きくなっていますので、読みやすくなりました。

 内容の構成は、従来のものと変わらず、次のようになっています。

  「浄土真宗の教章(私の歩む道)」:現在このブログでご一緒に学んでいるものです。
  「礼讃文」
  「浄土真宗の生活信条」:前回の記事で全文を掲載したものです。
  「おつとめについて」
  「正信念仏偈(しんじんのうた一、二)」:今後、勉強会で学ぶ予定にしているものです。
  「和讃」 (弥陀成仏、道光明朗、五十六億、の3首)
  「正信偈行譜(洋譜)」
  「讃仏偈(さんだんのうた)」
  「重誓偈(ちかいのうた)」
  「十二礼(らいはいのうた)」
  「仏説阿弥陀経」
  「御文章」 (聖人一流章、信心獲得章、末代無智章、八万の法蔵章、白骨章、の5章)
  「領解文」
  「荘厳と作法(おつとめの仕方)」
  「仏壇のお荘厳」
  「仏教讃歌」
  「本願寺の歴代宗主」:ご門主の交代に従って記事が追加されました
  「食事のことば・意訳勤行の譜について」

 上記のように、私たちの浄土真宗のみ教えやお経、知っておかなければならないことがまとめられていますので、ぜひご利用いただきたいと思います。

(写真は新しく発刊された「日常勤行聖典」の表紙とお正信偈の最初の部分です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

51.浄土真宗の教章(7)


20140922ホトトギス
 

 今日は、「浄土真宗の教章(私の歩む道)」の「生活」の項です。
 教章では次のように示されています。

 生活 親鸞聖人の教えにみちびかれて、阿弥陀如来のみ心を聞き、念仏を称えつつ、つねにわが身をふりかえり、慙愧と歓喜のうちに、現世祈祷などにたよることなく、御恩報謝の生活を送る。

 ここでは、私たちの信仰生活について、「聴聞」(「阿弥陀如来のみ心を聞き」)と「念仏」(「念仏を称えつつ」)とがその中心であると示されています。

 浄土真宗は他力の信心を恵まれるみ教えで、その信心は聞くことによってのみ恵まれると伺いました。 
 阿弥陀如来のよび声を聞き、如来の智慧の光の中で「つねにわが身をふりかえり」
  私の本当の姿、自己中心的で深い闇をかかえた姿に気づき(慙愧:ざんぎ)
  そのような私のために、常に働いていてくださる如来の願いに気づく(歓喜:かんぎ)
 ことが私たちの信心だとお示しいただいています。

 このような阿弥陀如来のご恩に対して報謝のお念仏を申し上げることが、私たちの生活の中心とされる所以です。

 私たちは、阿弥陀如来の智慧の光に照らされ、常に働きかけていただいているのですから、もはや迷信などに迷わされることはありませんし祈祷などに頼ることもありません。(「現世祈祷(げんぜきとう)などにたよることなく」)

 「浄土真宗本願寺派宗制」にも次のように定められています。

 第五章 宗範
  本宗門に集う人々は、親鸞聖人の行跡を慕い、常に阿弥陀如来の本願を依りどことろとする念仏の生活にいそしんで仏恩報謝に努め、現世祈祷を必要としない無碍(むげ)の一道を歩むのである。

 また、「浄土真宗の生活信条」という文章がありますが、ここにも次のように述べられていて「教章」と同じ心が示されています。

 一、み仏の誓いを信じ、尊いみ名をとなえつつ強く明るく生き抜きます
 一、み仏の光りをあおぎ、常にわが身をかえりみて感謝のうちに励みます
 一、み仏の教えにしたがい、正しい道を聞きわけてまことのみのりをひろめます
 一、み仏の恵みを喜び、互にうやまい助けあい社会のために尽くします

(写真の花はホトトギスです)

 裏の庭に咲いています。ことしはたくさん花のつけましたが、これが最後の花になりそうです。
 ホトトギスという名前は、花の紫色の斑点が鳥のホトトギスの喉の模様に似ているところからつけられたということです。
 このホトトギスはユリ科ホトトギス属に分類されます。ホトトギス属には多くの種があるのですが、写真のホトトギスはどの種に当たるのかよく分かりませんので、単にホトトギスとしておきました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)   

50.第1回の勉強会を開催しました


  20140919勉強会2   20140919勉強会1

 9月14日の秋の法座の午後、第1回目の勉強会を開催しました。

 この勉強会(どうも名前が堅苦しいですね、よい名前があったら変えましょう)は、先日行いましたアンケートで、「浄土真宗のみ教えやお経などについてご一緒に学ぶ会を持ちたいと考えていますが、いかがでしょうか?」とお尋ねしたところ30名を超える方から「参加してみたい」というお答えをいただいたことを受けて企画しました。
 その第1回目は、法座の午後の時間帯で開催することにしました。

 当日は21名の方に参加していただきました。お斎の後片づけを済まされて参加された仏教婦人会の方、引き続きでご苦労さまでした。
 
 勉強会でどのようなことを学ぶのか、ということも今回の検討課題だったのですが、初めてということもあって第1回目はお正信偈についての資料を準備して当日はその内容を学びました。

 その資料は次のような内容でした。
 (資料1) 「お正信偈を読む」
  1.「正信偈」とは?
  2.「正信偈」の構成
  3.「和讃」

 (資料2.) 「お正信偈を読む(拝読の仕方)」 
  1.三種類の読み方があります
  2.出音(しゅっとん=音程)と読む速度
  3.次の点にご留意ください

 最後に、上記の拝読の方法について学んだことも生かして、参加者一同でお正信偈を草譜で拝読しました。

 なお、今後の進め方について相談しました結果、次回以降次のように運用することになりました。

 1.開催
  今後、年間5回の法座の終了後に開催することとしました。午前、午後の2席の場合も、午後の法話が終了した後に開催します。

 2.内容
  引き続き、お正信偈の内容について学んでいきたいと思います。
  そのほか、浄土真宗の門徒として身につけていなければならないこと、についても学んでいこう、ということになりました。

 3.次回予定
 上記に従い、次回は次の要領で開催いたします。今回不参加だった方も是非ご参加ください。 お待ちしています。
  ○日時
   11月9日(日) 午後(報恩講のご法話終了後)
  ○場所
   壽福寺 本堂
  ○内容
   お正信偈を読む(3)
   その他

 (写真は当日の様子です)

 (このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

49.秋の法座をお勤めしました


20140915集合写真
  20140915婦人会

 昨日、9月14日に秋の法座をお勤めしました。

 当日は快晴のさわやかな気候、連休の真ん中で、敬老の行事や運動会とダブっていたりという環境でしたが、27名の方にお参りいただきました。

 ご講師は同じ宇部北組の寶林寺ご住職、市川幸佛氏でした。
 ご講師からは、人生の実りとは何なのか、長寿、健康、財産、職業、家族・・・とは別の本当の価値、如来からいただいた命に思いを寄せることの大切さを聞かせていただきました。
 紙に裏表があるように、「生」という表だけではなく、それと分けることができない「死」という裏があるという印象深いお話とともに限られた人生を本当に生きることの大事さも教えていただきました。

 ご法話の後は、庫裏で一同でお斎(とき)をいただきました。
 また、お斎の後に本堂で第一回目の勉強会を開きました。この勉強会については、次回の記事でご報告いたします。

 法座の準備や当日には多くの方に大変お世話になりました。

 既報のように8日には総代さんを中心に境内周辺の草刈りをお願いし、13日には仏教婦人会の杉山会長、井上副会長のお二人に本堂外陣と廊下の掃除をいただきました。
 また、14日の当日には受付を総代さんに、お斎(とき)のお世話を仏教婦人会の伊佐地区の方々にお願いしました。

 おかげさまで楽しい雰囲気の中でお聴聞することができました。ありがとうございました。

 (当日の写真です)
  左の写真は当日の集合写真(恒例の行事になってきました)です。
  右の写真は、当日お世話いただいた仏教婦人会の次の方々です。
   前列左より、金子加津子さん 、杉山会長、井上副会長、古川幸恵さん、後列左より、井上清子さん、野原泰子さん、野原幸子さん

 (このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 

48.秋法座の準備をしています

20140912草刈り    20140912掲示板 

  9月14日の秋法座に向けて準備を行っています。

 去る8日には総代さんをはじめ7名の方に境内周辺の草刈りを行っていただきました。
 当日は、8時に総代の岩崎昌彦さん、今橋庄二さん、井上啓志さん、志賀勇一さん、吉屋博司さん、志賀智さんと橋羽正祐さんが集合、駐車場、石段周辺それと寺までの道の周辺の草を刈っていただきました。
 約2時間の作業で、見違えるほどにきれいになりました。その後、一同、麦茶、リンゴと岩崎さん差し入れのオロナミンCで一息入れました。

 併せて昨日、掲示を入れ替えました。
 次回の法座のご案内として11月9日の法恩講のご案内を掲示し、掲示の言葉には「支えられ、励まされて 生きる」という言葉を使わせていただきました。

 これと同時に今回、石段下の掲示板のガラスを入れ替えました。ガラスにひびが入っていたのですが、これを新しいガラスに取り替えました。
 サイズに合わせてガラスを切る作業は、伊佐の「杉本硝子店」さんにお願いしました。
 初めて杉本さんのお店に伺ったのですが、古くから寺のガラスではお世話になっていたということで、祖父や父母の話を聞くことができました。ここでもたくさんのご縁がつながっていることを改めて感じることができました。 

 また、あす9月13日には仏教婦人会の方に本堂の清掃をお願いすることになっています。

 このように皆さんのご協力をいただいて準備を進めていますので、14日には是非お参りください。お待ちしております。

(写真は、当日の様子とガラスを入れ替えた掲示板です)
 当日、草刈りの作業中の写真を撮るのを忘れていて、終わって一息入れている写真になりました。 悪しからず・・・

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

46.浄土真宗の教章(6)

20140908センニンソウ1    20140908センニンソウ2

 「浄土真宗の教章」は、前回見ました「経典」の次に「教義」、「生活」、「宗門」という項が続いています。

 今回はその「教義」を取り上げたいと思いますが、教章には次のように書かれています。

 教義 阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏を申す人生を歩み、この世の縁が尽きるとき浄土に生まれて仏(ぶつ)となり、迷いの世に還(かえ)って人々を教化(きょうげ)する。

 ここでは、次のことが示されています。

 1.私たちは、阿弥陀如来の本願の力によって信心を与えられ、念仏を申すことができ
 2.私たちは、この世での縁が尽きたときには阿弥陀如来の浄土に迎えられて仏となり
 3.その後、私たちは、この迷いの世界に還ってきて人々を救うことができる
 
 1.項では、私たちは、「自分が信心を得ている、自分がお念仏申し上げている」と思っていますが、これは実は阿弥陀如来の本願が私たちに届いてそのことによって私たちが信心を得ることができ、お念仏申し上げているのだということが示されています。
 お盆の項で申しましたように、「南無阿弥陀仏」の名号(お念仏)は阿弥陀如来の「必ず救うから、我にまかせよ」という呼びかけ、召喚だと親鸞聖人は示されました。また、私たちが口にするお念仏は、「私のことは全て阿弥陀さまにおまかせします。このような私をお救いいただきありがたくもったいないことです」というお礼の言葉なのです。

 これに続く2.、3.項は、往相回向、還相回向とお呼びしているものです。

 その阿弥陀如来のご本願の働きにより、私たちはこの世に縁が尽きたとき(つまり死を迎えるとき)には、間違いなくお浄土に往生させていただくことができ、しかもそのことは私たちが生きている今現在定まっているのだということを聖人は示されました。
 この阿弥陀如来のご本願のはたらきを「往相回向」とお呼びしています。

 そしてその後、私たちは阿弥陀如来のご本願のはたらきによりこの迷いの世界に還って、み仏とともに人々をお浄土に迎える役割を果たすと示されました。これを「還相回向」とお呼びしています。

 お浄土に向かう往相回向もお浄土から還る還相回向も、ともに阿弥陀如来の本願(他力)によるものだということがここで示されています。
 親鸞聖人は「正信偈」の中では次のように記されています。
  往還回向由他力 正定之因唯信心(往還の回向は他力による。正定の因はただ信心なり。)
 
 
(写真は、センニンソウです)
 昨日、荒滝山のふもとの駐車場で写しました。右の写真の後方に見えるのが荒滝山です。
 センニンソウは、テッセンやクレマチスと呼ばれる植物と同じ属の植物で、純白の花を持っています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 

45.山口教区少年大会のテストを行いました

20140905秘密基地1  20140905秘密基地2

 既にご報告していますように、来年の山口教区が主催する少年大会は、宇部北組を引き受けとして開催される予定です。
 その行事の一環としてアトラクションを企画するのですが、去る8月29日に西念寺さんを会場にそのテストを行いました。

 内容は、「秘密基地を作る」というものです。「秘密基地」という言葉からして子供時代を思い出してわくわくしてきますが、多数のかまぼこ板を使って秘密基地を作るというものです。
 このかまぼこ板は、穴や節があって商品用には使えない廃材で、これをレンガのように組み上げて円筒形の「秘密基地」を作ります。

 この廃材を利用した秘密基地作りには次のような特徴があるのだと説明いただきました。

  ○エコに貢献=廃材を大切に何回も使います
  ○大きな達成感=たくさんのかまぼこ板をくみ上げて秘密基地を作ります
  ○木材のぬくもり=木の感触、香りに触れることができます
  ○整理整頓を学ぶ=終わった後はたくさんのかまぼこ板を集めて元のように段ボールに収納します
  ○脳の活性化=右脳、左脳をバランスよく使うのだそうです

 で、実際に私たちも秘密基地をつくるという作業をやってみました。
 組内の住職(老若含めて・・・)約10名でトライしました。作業は単純なものなのですが、気がついたら夢中になっていました。大人も楽しめるアトラクションになりそうです。

 約30分で写真のようなエスキモーの住居(モンゴルのパオ?)のような「秘密基地」ができました。屋根もあります。接着剤は全く使用しないのですが、なかなか頑丈で、写真のように入り口も作ることができるのです。

 というようなことで、来年の大会ではこの「秘密基地作り」をアトラクションにとりあげることになりそうです。
 ただその場合、会場はお寺の本堂では少し手狭になりそうですので、「アクトビレッジおの」あたりの広い会場に変更となりそうです。

(写真は完成した「秘密基地」と材料のかまぼこ板です)
 大人が立って入れるくらいの高さでも可能だということです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

44.浄土真宗の教章(5)

20140901三部経1   20140901三部経2

 しばらく間が空きましたが、今回は「聖典」の項に移ります。

 「教章」には次のように記されています。

 聖典 ・釈迦如来が説かれた「浄土三部経」
      「仏説無量寿経」「仏説観無量寿経」「仏説阿弥陀経」

     ・宗祖 親鸞聖人が著述された主な聖教
      「正信念仏偈」(「教行信証」行巻末の偈文)
      「浄土和讃」「高僧和讃」「正像末和讃」

     ・中興の祖 蓮如上人のお手紙
      「御文章」

 旧の「教章」では、「経典」として「浄土三部経」のみが掲げられていました。
 新しい「教章」では、これに親鸞聖人の著わされた「正信念仏偈」と「三帖和讃」(上記の「浄土和讃」、「高僧和讃」、「正像末和讃」のことです)、さらに第八代宗主蓮如上人がご門徒さんに宛てて書かれたお手紙である「御文章」が加えられたということになります。
 これは、私たちは日常の勤行で「正信念仏偈」と「和讃」、「御文章」を拝読し、これらの聖教が親しいものになっているということから「聖典」に加えられたと伺いました。

 宗門の「憲法」に当たる「浄土真宗本願寺派宗制」では、上記の聖教の他に、七高僧の著述、親鸞聖人の他の著述などが聖教に加えられています。

 この七高僧とお呼びするのは、親鸞聖人が祖師と定めて尊崇されたインドの龍樹(りゅうじゅ)菩薩、天親(てんじん)菩薩、中国の曇鸞(どんらん)大師、道綽(どうしゃく)禅師、善導(ぜんどう)大師、日本の源信(げんしん)和尚、源空(げんくう)聖人の7人の高僧方です。
 親鸞聖人はお「正信偈」の中でこの七高僧を一人ひとり取り上げられて、そのご功績を讃嘆しておられます。

(写真は、「浄土三部経」のお経本です)

 左の写真は右から順に、
  「仏説無量寿経(上)」、「仏説無量寿経(下)」、「仏説観無量寿経」、「仏説阿弥陀経」 です。
 右の写真は、「浄土三部経」が全ておさめられたお経本です。同じく「折本」ですが、用紙の裏表両面にお経文が印刷されています。

 この「折本(おりほん)」と呼ばれる形は、お経本の最初の形態である「巻子(かんす、けんす)本」(巻紙の形です)を一定の幅で折りたたんだ蛇腹形になっています。折本の方が特定の場所を開くのに便利だということで、巻子本にかわって広く用いられるようになったと言われています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR