FC2ブログ

27.ご紹介します(1):「いまを生かされて」


20140630前門ご本1
    20140630前門ご本2

  『いまを生かされて』というご本をご紹介します。
 即如前ご門主が著わされたご本で、今年の3月に刊行されました。ご門主在任中の最後の著書ということになります。

 帯に「親鸞聖人、和讃の教え。」と書かれていますように、前ご門主はこの本の中で親鸞聖人が作られた『三帖和讃』から62首の和讃を取り上げられて、その心をお伝えいただいています。本の内容は次のようになっています。

  はじめに-退任のあいさつに代えて
  一、阿弥陀如来の願いに出遇う
  二、生死を超える道
  三、阿弥陀如来と浄土
  四、末法の世を生きる
  五、本当の救いをもとめて
  六、お念仏のある生活
  あとがき
  浄土真宗の教章(私の歩む道)

 前ご門主はこの書の初めの方で、「私はこの本で、和讃の解説や現代語訳をしようとは考えておりません。そうしたことは専門の解説書や研究書にお任せしたいと思います。私はこの本をお読みいただける皆さんとともに、和讃をいただき、和讃に親しみ、そして、わが身を振り返ってまいりたいと思います。」と書かれています。

 この『三帖和讃』は353首からなるもので、親鸞聖人が70歳代後半から80歳代後半にかけて書かれたものです。
 ということは、今から750年以上も前に著わされたことになります。 当時も戦乱や災害、飢饉などが起こり、その中で苦しんでいる人々に阿弥陀如来のお救いを伝えたいと親鸞聖人はこの和讃を作られたと伺っています。
 親鸞聖人は、難しい漢文によるお経ではなく、一般の人々も口にすることができるように和語を使って、それも当時流行っていた「今様」という様式で仏徳讃嘆の歌をつくられました。
 それが現在まで私たちに和讃として伝えられています。

 上記の一、から六、の章の見出しは、それぞれ「現在の社会で」という言葉を添えるとこのご本にこめられたねがいをよく理解できると感じました。
 親鸞聖人がつくられた和讃は決して聖人のおられた当時の人々だけのための和讃だったのではなかったのです。
 前ご門は、あとがきの最後に「親鸞聖人が和讃を残されたのは、私たち苦悩するもののためでした。ともに苦悩の中を歩むものとして、和讃を味わうことができましたら何より嬉しいことです。」と記されています。

 上記の内容にありますように、このご本の最後に前々回に取り上げました「浄土真宗の教章(私の歩む道)」が掲げられています。
 1967年(昭和42年)に制定されたこの「教章」は、2008年(平成20年)に前ご門主のもとで改訂されたものです。
 この「教章」を私たちの日常の生活の基本に置くことが強く期待されているということを改めて感じました。

 ぜひ、ご一読ください。
スポンサーサイト



26.夏法座のご案内です

20140627山門2    20140627山門1 

 既に新聞ではご案内いたしておりますが、下記により夏法座をお勤めします。お誘い合わせお参りいただきますよう、お待ちしております。

 1.日時  
  7月12日(土) 10:00~(午前席のみです)

 2.ご講師
  厚見 崇 師(宇部北組 萬福寺住職)

(写真は、山門から見た石段方面です。緑も新緑のころと比べると濃くなって本格的な夏の到来に備えているといった様子です。
 右の写真に写っているイチョウの木は、降誕会の準備のときに引っかかっていた枝を切り落としていただいたイチョウです。)






25.浄土真宗の教章(1)



20140623教章220140623教章1


 これからしばらく「浄土真宗の教章」という文書を取り上げます。 
 これまで書きましたさまざまな事項も浄土真宗のみ教えを基にしてそこから来ているものですから、一度基本に戻ろうと考えました。

 この「浄土真宗の教章(私の歩む道)」は、B3より少し大きい用紙に印刷されてご門徒さんのお宅にも掲げられていると思います。また、以前に取り上げましたお経本の(1)『意譯 真宗勤行集』や(2)『浄土真宗 聖典-勤行集-』の最初の方に、大切な文書として掲載されています。

 その内容は次のようになっています。
  ○宗名
  ○宗祖
  ○宗派
  ○本山
  ○本尊
  ○聖典
  ○教義
  ○生活
  ○宗門
 このように、この「浄土真宗の教章」は浄土真宗の基本となる項目が整理されて述べられています。

 では、これらの基本的なことが宗門の中でどのように定められているのかといいますと、これは「浄土真宗本願寺派宗制」という「基本法規」の中で定められているのです。
 この「宗制」は以下のように前文と6章で構成されていて、浄土真宗のいわば憲法のようなものです。
  ○前文
  ○第1章 本尊
  ○第2章 聖教
  ○第3章 教義
  ○第4章 歴史
  ○第5章 宗範
  ○第6章 補則
  ○附則

 このように、「浄土真宗の教章」はご本尊やみ教え、宗門、生活のあり方などがまとめて定められたものということができます。そして、これまで取り上げて来ました具体的な事項は、これらの基本的なことから導かれているということになります。

 次回以降で、この「浄土真宗の教章」の内容について学んでいきたいと思います。

24.最近の話題です(5):ホタルブクロが咲いています


20140620ホタルブクロ1
  20140620ホタルブクロ2

 寺の近く、石段の先を少し下がった所でホタルブクロが咲いています。この場所には昨年も咲いていましたので、この一群は自生して定着しているものと思われます。

 ホタルブクロは、キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、6月から7月にかけて咲く植物です。
 ウイキペディアという「電子百科事典」によりますと、花の色には赤紫から白のものがあるそうで、関東では赤紫系、関西には白の花が多いのだそうです。
 暑さには弱い一方で、日陰でもよく育つということで、この木陰のような場所が合っているのかもしれません。

 名前のホタルブクロ(蛍袋)というのは、子供がこの花の中に蛍を入れて遊んだことから来ていると、同じウイキペディアで説明されていました。

 園芸店でカンパニュラあるいはツリガネソウと呼ばれている植物もこのホタルブクロの仲間(同じ属)の植物で、地中海原産のものを品種改良したものだということです。
 そのカンパニュラという名前はホタルブクロの属名「Campanula」(鐘形の、ベル形のという意味だそうです)から来ているということで、そういえば寺の半鐘にも似た形(先端の凹凸を除くと)をしています。

(左の写真に写っている道を右に行くと、寺の石段の下になります)

23.最近の話題です(4):御影堂、阿弥陀堂が国宝に指定されます


20140616御影堂
  20140616阿弥陀堂

 去る5月16日に開催された文部科学省の文化審議会文化財分科会は、本願寺の御影堂(ごえいどう)および阿弥陀堂(現在はいずれも重要文化財です)を国宝に指定するように文部科学大臣に答申しました。
 今後、官報にその旨公示されて最終的に決定となります。
 
 御影堂は1636年に再建されたと伝えられています。南北62メートル、東西48メートル、高さは29メートルで現存する江戸時代の建築物では最大規模のものです。使用されている瓦は115,000枚と言われています。
 内部には親鸞聖人の木像をご安置し、浄土真宗の重要な行事はこの御影堂で執り行われます。

 阿弥陀堂は1760年に御影堂の北側に再建されたもので、南北45メートル、東西42メートル、高さ25メートルの規模です。
 中央に阿弥陀如来の木像を安置し、左右にインド、中国、日本の七高僧および聖徳太子のご影像を安置してあります。大きさは違いますが、浄土真宗の寺院の本堂のモデルともいうべきものです。

 御影堂は平成11年から10年余の歳月をかけて大改修工事が行われ、平成21年4月に完成しました。前回の改修工事は寛政12年(1800年)といいますから、約200年ぶりの大改修でした。 
 
 このような世界に誇ることができる建物を維持できたのは、代々にわたって多くのご門徒さんからお寄せいただいた力だと思います。国宝に指定された理由の一つにも、これらの建物が浄土真宗の信仰の中心として大切に護持されてきたことが挙げられていたとお聞きします。

 ご門主の法統継承の今年に両堂が国宝に指定されることを、ご一緒にお慶びしたいと思います。

(写真は、左が御影堂、右が阿弥陀堂です。自分で撮影した写真があったのですがうまく見つからず、やむを得ずウイキペディアからお借りしました)

22.ご存知ですか(3):お仏壇(1)

 
20140613仏壇

 「ご存知ですか」の3回目は「お仏壇」を取り上げました。

 最初に、お仏壇を置く時のことを記しておきます。

 ○「亡くなった方ができたからお仏壇を購入する」という方がおられますが、お仏壇は亡くなった方が入られる場所ではありません。
  お仏壇はその前に座って、阿弥陀さまのお浄土を思い、阿弥陀さまのお救いにお礼申し上げる場です。もちろん、親しい方が亡くなったことをご縁にお仏壇を購入されるということはあると思いますが、お仏壇はあくまでも、阿弥陀さまと阿弥陀さまのお浄土を思いお礼を申し上げる場所です。

 ○お仏壇を設置する日について吉凶を言われる方がありますが、浄土真宗では日に吉凶は言いません。都合のよい日を選んでいただいて結構です。

 ○仏壇を置く場所や仏壇の向きなどを気にされる方がありますが、これにも吉凶は全く関係ありません。ご家族が集まりやすく、落ち着いてお勤めのできる場所を選ぶことが大切です。

 ご家庭のお仏壇をご覧になられると、お仏壇が三つの区切られたスペースに分かれていることに気づかれると思います。
 その三つのうち中央のスペースにご本尊を安置し、その左右のスペースには「脇掛け」と呼ばれる掛け軸をお懸けします。

 通常は次のようになっています。
  中央:阿弥陀仏を描いた「絵像本尊」、または「六字名号本尊」(「南無阿弥陀仏」の六字)
  阿弥陀さまから見て左脇掛け:宗祖「親鸞聖人御影(ごえい)」、または「十字名号」(「帰命尽十方無碍光如来」の十字)
  阿弥陀さまから見て右脇掛け:本願寺中興の祖「蓮如上人御影」、または「九字名号」(「南無不可思議光如来」の九字)
 この場合、絵像と文字とを混在させず、絵像なら絵像で統一することになります。

 この阿弥陀さまはお立ちになったお姿で描かれています。他の宗派の仏さまは座っておられるもの(坐像)も多いのですが、阿弥陀さまは立っておられすのです。
 これは、私たち凡夫のことを心配されて、いつでもすぐに救いに行けるようにとお立ちいただいているのだとお聞きしました。
 阿弥陀さまのお体からは48本の光が放たれていますが、これは、私たち衆生を救おうと阿弥陀さまが立てられた48の願を表していると伺いました。
 また、十字、九字のお名号はいずれも「南無阿弥陀仏」と同じ意味で、「この私に任せよ、必ず光明の中に摂(おさ)めとって救うから」という阿弥陀さまのお心を表しています。(「お名号」については、追って取り上げたいと思います)

 このお仏壇の基本形は箱形の扉がついたものなのですが、最近の住宅事情を反映していろいろなお仏壇が登場しています。
 その一つは、家具調仏壇と呼ばれているもので、洋風のモダンなものも販売されています。 また、ご本尊を安置した厨子形のお仏壇もあります。
 生活様式に合わせた形でお仏壇をお持ちいただければよいと思います。

 いずれの場合も、ご本尊、お脇掛けは本山からお迎えするようにしましょう。

(おしらせです)
 6月5、6日に本山で執り行われた法統継承の行事に際して、即如前ご門主が「退任に際してのご消息」を、専如新ご門主が「法統継承に際してのご消息」を発布されましたが、全文が本願寺のHPに掲載されています。こちらをご覧になってください。
   http://www.hongwanji.or.jp/

 

21.法統継承式がとり行われました

20140609法灯継承広告 (2)

 本願寺において法統継承式がとり行われ、法統が第24代即如ご門主から第25代専如ご門主に引き継がれました。 
 新聞の報道によりますと、継承の行事には全国から8000人の僧侶とご門徒さんが参列されたということです。

 継承式は次のようにとり行われました。

  6月5日 
   ○ご消息発布式(御影堂)
    即如ご門主が「退任に際しての消息」を親読されました。
   ○御譲渡式(非公開)

  6月6日 
   ○法統継承式
    第1部 法要(阿弥陀堂、御影堂)
    第2部 式典(御影堂)
     専如ご門主がご消息を親読されました。

 専如新ご門主は、即如前ご門主のご長男で36歳。お名前を大谷光淳(こうじゅん)といわれます。平成20年(2008年)から昨年末まで、東京の築地本願寺の副住職を務められ首都圏でのご法義拡大に尽力してこられました。
 
(写真は、6月6日の全国版の新聞に掲載された法統継承を伝える広告です) 

20.新聞版「壽福寺だより」(6月号)を発行しました


20140606新聞1
   20140606新聞2

 新聞版「壽福寺だより」の第3号(平成26年6月号)を発行しました。

 今月号の記事の内容は次の通りです。
 (1面)
  「降誕会をお勤めしました」
  「降誕会ではお世話になりました」
  「アンケートにご協力ください」
  「夏法座のご案内です」

 (2面)
  「新しく総代さんをお願いしました」
  「宇部北組の行事の報告です」 
   子供はなまつり
   仏教婦人会連盟大会
  「ご存知ですか?(焼香)」

 今月号から、「ご存知ですか?」のシリーズを新聞でも掲載することにしました。
 このブログに載せている同名のシリーズのいわばダイジェスト版という感じですが、特に知っておいていただきたいことを中心に記事を作って行く予定です。 このブログを読んでいただいているご門徒さんがどれくらいおられるのか現在のところよく分かりませんので(次に書いていますアンケートによって様子が分かると思いますが)、新聞による情報提供も並行して進めようと考えています。

 今回、初めてご門徒さんに「アンケート」をお願いすることにしました。
 この新聞や、ブログについてのご意見やご要望をお聞きしたいのと、寺の行事についてのご意見、ご要望も聞かせていただきたいと考えて実施することにしました。

  ご門徒さん以外の方でこの新聞をご覧になりたい方がありましたら下記までご連絡ください。メール添付の形でお送りさせていただきます。
 jufukuji2@yahoo.co.jp

19.宇部北組の初組会が開催されました


20140602公園

 5月27日、宇部北組の初組会が開催されました。
 組会(そかい)というのは、宇部北組の寺院19カ寺の住職と総代さんで構成する会で、組の運営について討議する機関です。

 当日は、お勤めの後次の議案が審議され承認されました。
  ○平成25年度教化活動報告
  ○平成25年度会計決算報告
  ○平成25年度会計監査報告
  ○平成26年度教化活動計画
  ○平成26年度会計予算

 この「教化活動」というのは、総代会、仏教壮年会、仏教婦人会、子供会などの活動によって、多くの方にみ教えを伝えていく活動です。それぞれの活動の責任者が設定されていて、責任者を中心に活動が企画、実施されています。
 さらに今後「連続研修」の開催も検討されています。

 既にご報告した次の行事もこの教化活動の一環として実施されたものです。
  宇部北組「子供花まつり」(4月2日)
  宇部北組仏教婦人会連盟総会(4月10日)
  山口教区門徒総代会全体会(5月23日):これは教区単位の行事です 
  
 上記の議題のほかに、来年に予定されている山口教区の「少年大会」に関する検討状況の報告がありました。
 この「少年大会」は次のような内容で検討されています。
  ○開催時期 平成27年8月末
  ○開催担当地区 宇部北組
  ○対象者 原則として小学生
  ○参加人員 付き添いも含めて200~300人程度
 宇部北組としてはこの行事を組を挙げて取り組むこととし、会場としては吉部地区のお寺を前提にして検討を進めることになっています。

(写真は、吉部の中心部にある公園です。来年の「少年大会」の会場の一部になると思われます。水の流れがあって、夏の大会には絶好の休憩場所になりそうです。
 一昨日の土曜日にこの近くにある「吉部ふれあいセンター」をメイン会場に「吉部ほたるまつり」というイベントが開催されました。この公園近くの小川にもホタルがいて、久しぶりに乱舞するホタルを観賞することができました。
 ホタルの写真の撮影を載せたかったのですが、ホタルの撮影は難しいです。)
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR