FC2ブログ

746.掲示を変えました

20210524掲示文s  20210524ユウスゲs


 5月3日に予定していました降誕会は新型コロナウイルス感染拡大を受けて休座となりましたので、先日、掲示板の掲示を7月11日の夏法座のご案内と新しい「ひとこと」に変えました。

  その「ひとこと」は「仏さまに ずっとずっと 思われていた」というものです。
 この言葉は、ネットで偶然に出遭ったものですが、印象に残っていて今回使わせていただくことにしました。

 阿弥陀さまはいつもいつも私たちを見守っていただいています、とお話しをすることがあります。昔「お天道様が見ているよ」という言葉を聞きました。誰も見ていないと思っていても、きっと誰かが見ているから「悪いことはしてはいけないよ」という意味で使われていたようですが、悪いことをしようとしている私だけではなく、つらい思いをしているとき、悲しい思いでいるとき、頑張っているとき、さぼっているとき・・・どんなときでも、私を見守っていていただいている方があります、とお話しするのですが、この「見守っていただいていた」と「思われていた」とは少し違っているように感じます。

 『歎異抄』で親鸞聖人がいつも仰っておられた「弥陀の五劫(ごこう)思惟(しゆい)の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人(いちにん)がためなりけり。」(阿弥陀仏が五劫もの長い間思いをめぐらしてたてられた本願のことをよくよく考えてみると、それはただ、この親鸞一人をお救いくださるためであった。)というお言葉が伝えられています。
 この言葉に続いて「されば、それほどの業(ごう)をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」(思えば、このわたしはそれほどに重い罪を背負う身であったのに、救おうと思い立ってくださった阿弥陀仏の本願の、何ともったいないことであろうか)というお言葉が記されています。

 阿弥陀さまは、救いがたい業を抱えた私を救わずにはおれない、そんな私だから救わずにはいられない、と私のことを「思い続けておられた」のだと、聖人は受け止められました。そこには、見守るだけではなく、「私が救いに行くぞ」という阿弥陀さまの力強い願いが感じられます。
 阿弥陀さまに思われていることを、私の方が「ずっと、ずっと」心にとどめておかなければならないはずなのですが、振り返ってみますといつの間にか忘れてしまっています。そのことに気づかせてもらった「ひとこと」です。

(図は、「ひとこと」とキスゲ(黄菅)の仲間です。)

 ご門徒さんから苗をいただいたもので、ちょうど今頃鮮やかな黄色の花を咲かせます。ただ、名前は分からず「キスゲの仲間」としました。
 PlantNetという名前のアプリがあります。植物の花や葉の写真を送ると、その名前(学名)を返してくれるという、なかなか便利なアプリです。
 そのアプリで調べてみると、この花の学名はHemerocallis lilioasphodelusだと答えてくれました。和名はマンシュウキスゲという植物です。しかし、このHemerocallisの仲間は種の見分けが難しいので、「?」マーク付きマンシュウキスゲというところでしょうか。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



740.スクール・ナーランダvol.6プレイベント

20210503チラシ  20210503ナーランダ

  来年山口で予定されている「スクール・ナーランダvol.6山口」のプレイベントが開催されますので、ご案内します。

 この「スクール・ナーランダ」は若い方を対象にして企画され、2017年に京都で開催された第1回以来山口が6回目となります。
 『スクール・ナーランダ』とは、「仏教をはじめ、科学や芸術、哲学など多様な分野の最前線で活躍する講師を招き、10代から20代に向けた、新しい学びと体験の場をめざす「現代版寺子屋」です。異分野の対話が予想を超えた化学反応を起こし、現代を生き抜くための智慧を学ぶ場」です。

 この「ナーランダ」というのは、5世紀頃インドの仏教学院があった地名です。お釈迦さまがさとりを開かれたブッダガヤの東北にその遺跡が残されていますが、当時は学生の数1万人、教師も千人、広大な敷地に学舎や寺院、僧院を備えていた、当時としては世界最大の教育施設(大学)でした。

 「スクール・ナーランダvol.6」は、2022年2月に山口県で開催する計画となっており、今回のイベントはそれに向けたプレイベントとして開催されるものです。当初は、県内の寺院を会場に開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けてオンライン開催に変更となったものです。

 その内容は次の通りです。この機会にぜひご視聴ください。

1.期日
 2021(令和3)年5月16日 13:30~16:30
2.開催方法
 You Tube Liveによるオンライン配信(自由に視聴できます)
3.内容
 13:30~ 勤行
 14:00~ クロストーク(大來尚順氏×小川仁志氏)
 15:35~ コラボレーションライブ(藤澤由一氏×山口雅楽会)
4.視聴方法
 ・山口別院ホームページからイベントページにアクセルする
 ・You Tubeで「本願寺山口別院」を検索する
5.関係者のご紹介
 ・大來尚順氏
  浄土真宗本願寺派超勝寺ご住職。以前、このブログでもご紹介した「訳せない日本語~日本人の言葉と心~」の著者でもあります。
 ・小川仁志氏
  山口大学国際総合科学部教授。tysの「mix」という番組に出演されているということです。
 ・藤澤由一氏
  下関市出身の音楽家。ハンマーダルシマーという打弦楽器の奏者、ベーシスト、作曲家でもあります。
 ・山口雅楽会
  浄土真宗本願寺派の僧侶による雅楽・舞楽集団

(図の左は、プレイベントのご案内チラシ、右はナーランダの遺跡です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

737.降誕会は休座とします

20210423藤棚s 20210423藤棚2 (2)s 
 5月3日に予定しておりました降誕会を休座することにしました。
 4月9日に新聞『壽福寺だより』を発行した当時は、コロナへの対策をしてなんとかお勤めできるのではないかと考えていました。しかし、その後状況は急速に悪化してきましたので、総代さんとも相談して、休座せざるを得ないという判断に至りました。
 併せて、25日に総代さんにお願いしておりました、駐車場や周辺の草刈りも中止することにしました。
 21日に、総代さんに休座と草刈りの中止をご連絡するとともに、担当していただいているご門徒さんへのご連絡をお願いしました。

 また、ご講師として出講をお願いしておりました大津東組 願生寺の蘭(あららぎ)哲昭師にも休座のご連絡をしました。
 蘭師には昨年5月の降誕会にご講師をお願いしておりましたが、コロナの感染拡大で休座となり、今年こそはと再度お願いしたのですが、2年続けて休座という申し訳ないことになりました。

 先日、宇部北組内の寺院に対して、4月以降の法座等の計画について問い合わせをおこないました。その結果、現時点で半数近くのお寺で降誕会を休座されたあるいは休座の予定だということが分かりました。コロナウイルス感染の拡大が再び大きな影響を与え始めていることを実感させられます。

(写真は、昨日の境内の藤棚です)

 例年、降誕会の頃に満開になります。昨年は花のつき方が悪かったのですが、今年はたくさんの花をつけそうで、お参りいただいた皆さんと楽しめると思っていたのですが、残念です。
 藤棚の下のオオデマリももうすぐ真っ白になりそうです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 

734.新しい「携行ご本尊」です

20210412ご本尊   20210412ご本尊2

  肌身離さず携行できるご新しいご本尊(ご絵像)が4月1日より交付されています。

 この新しいご本尊は、「阿弥陀さまがご一緒」をコンセプトに本山本願寺が制定されたもので、4月1日の付の『本願寺新報』には次のように紹介されています。
 「核家族化や生活環境の変化に伴い、お仏壇のない家庭が増えたことに対し、また、子どもたちが実家を離れる際、入院などで自宅を離れる際に携行してもらい、常のご本尊とともにある生活を送ってほしいと制定したもの。」

 名刺サイズで、素材は、漆器のような漆黒の美しさを持つ漆プラスチック調バイオプラスチックで、冥加金は一万円です。

 先日交付を願い、この程お迎えすることができました。
 同送されてきた文書には、次のように記されていますので、ご紹介いたします。
 「阿弥陀如来は、誰一人取り残さず救おうを願われ、「われにまかせよ、必ず救う」と常にはたらきかけてくださっています。その阿弥陀如来のはたらきは「摂護不捨(しょうごふしゃ)」ともいわれ、親鸞聖人は、摂め護ってお捨てになることがないとおしめしになっています。
 この度の「携行本尊」の交付は、日常生活でいかなる状況に出遭っても、阿弥陀如来のはたらきに包まれていることを実感できるようにとの願いを込めています。
 生かされている尊い人生を、お念仏とともに力強く歩んでいきましょう。」

 併せて、専用のケースや専用のスタンド、ホック付きの携行用袋なども別売されています。
 ご希望やお問い合わせは、寺まで。

(写真は、新しいご本尊の表(左)と裏面(右)です)

 表面は立体感のある彩色のご絵像となっています。

707.山口別院の行事計画です

IMGs.jpg 

 山口別院の年間行事計画をお伝えします。寺の年間計画については既にご連絡しておりましたが、別院の情報をお伝えするのが抜けておりました。(  )内はご講師のお名前です。

 元旦会   1月5日 10:00~
 降誕会   5月5日 13:30~(美祢東組 明嚴寺 中島昭念師)
 永代経法要 6月8~10日(10:00~、13:30~)(滋賀教区志賀組 正源寺 三宮享信師)
 帰敬式  11月25日(13:20~)
 報恩講  11月26~28日(10:00~、13:30~)(福岡教区早良組 德常寺 紫藤常昭師)
 常例法座(いずれも13:30~)
      2月5日(白滝組 念西寺 中山浩司師)
      3月5日(厚狭西組 常元寺 伯浄教師)
      4月5日(豊浦西組 西方寺 西谷慶真師)
      6月5日(美祢東組 正岸寺 桑羽隆慈師)
      7月5日(熊南組 善徳寺 石山泰人師)
      8月5日(邦西組 専福寺 福田康正師)
      9月5日(豊浦組 光善寺 二木文正師)
     10月5日(邦西組 照蓮寺 岡村謙英師)
     11月5日(豊田組 清德寺 尾寺俊水師)
     12月5日(厚狭西組 願生寺 山名真達師)

 いずれも、新型コロナウイルス感染症対策を行いながらお勤めされます。ご参拝ください。

(お詫びです)
 この記事を未完成のまま掲載してしまいました。予約掲載の日時設定を誤っていたためです、申し訳ありませんでした。

(図は、行事計画をお知らせするご案内です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR