FC2ブログ

320.伝灯奉告法要に団体参拝しました


20170421集合写真

 宇部北組の行事として計画実施された専如ご門主の伝灯奉告法要団体参拝が行われ、壽福寺からは住職と徳田順久さん、岩﨑明さん、杉山博子さん、井上幹子さん、井上愛子さんの6名が参加しました。

 組全体で103名となる参拝者は4月17日6:30に新山口駅に集合し、新幹線で新大阪駅へ、新大阪駅からは貸切バス2台に分乗して京都に向かいました。午前中に東山の大谷本廟に参拝し、その後午後2時より本山で専如伝灯奉告法要にお参りしました。この伝灯奉告法要は、専如ご門主が阿弥陀さま、親鸞聖人の御前にみ教えが第25代専如ご門主に伝えられたことを告げられ、お念仏のみ教えが広く伝わることを誓われる法要です。

 法要は、新しく定められた「奉讃伝灯作法」に従って阿弥陀堂と御影堂の両堂で同時並行して勤められました。内陣への出勤者と両堂の参拝者一同で称える『散華(念仏)』の後、専如ご門主が表白を読まれ、引き続き『正信念仏偈』『和讃』および『回向句』を拝読しました。また、最後に「親鸞聖人は仰せになる。・・」で始まる「拝読文」を参拝者一同で拝読しました。

 お勤めは両堂で同時になされたのですが、専如ご門主は前半は阿弥陀堂でお勤めされ、『正信偈』の依釈段の部分からは御影堂に転座され(移られ)お勤めが続けられました。一方、即如前ご門主は前半は御影堂で、後半は阿弥陀堂でお勤めをされました。専如ご門主が阿弥陀堂で表白をお読みになっておられる間、御影堂の私たちはTVモニターでその様子を拝見することができるという工夫がなされていました。
 新旧のご門主に転座いただくことにより、私たちは参拝者は専如ご門主および即如前ご門主とご一緒にお勤めすることができました。

 伝統奉告法要に引き続き、両堂で「伝灯のつどい」が開催されました。
 「伝灯のつどい」には大谷宗家の即如ご門主ご一家(ご門主、お裏方、敬さま、顕子さまのご一家)および即如前ご門主および前お裏方ご夫妻が出席され、ご門主のお言葉をいただき、またご門主のご家族にインタビューも行われました。また、その間、ご門主および前ご門主のご事績と前ご門主からのメッセージをお伝えいただく映像も紹介されました。
 最後に一同で『恩徳讃』を斉唱し、「伝灯のつどい」も終了となりました。
 この「伝灯のつどい」でも、内容により他方の会場の行事の様子がTVモニターに映し出されて、両堂が一体感をもって行事に参加できるような工夫がなされていました。

 団体参拝者は、その後京都および白浜に一泊し、和歌山の鷺森(さぎのもり)別院および大阪の津村別院に参拝し、高野山金剛峰寺を観光し、4月19日に新山口駅に帰着しました。

 今回の団体参拝で、私たちは専如ご門主の伝灯奉告法要にお参りするという勝縁に遭うことができました。
 その後お参りした鷺森別院は、第8代蓮如上人ゆかりの寺院であり、11年に亘って戦われた織田信長との大坂戦争の後和睦により本山本願寺を大阪から移した地でもあります。また、津村別院はその本願寺の鷺森への退去の後に残されたご門徒が「お念仏の灯」を守るために建てられた坊舎が礎となっております。

 このように、私たちは今回の団体参拝で、長い歴史の中で多くの先人の方々の命をかけた努力で護られた法灯が、確かに新しいご門主に受け継がれたことを目の当たりに見ることができました。

(写真は、本願寺境内での集合写真です。)
 当日は生憎の雨天でしたが、宿泊先は本山のすぐ近くで雨の影響を多く受けることもなく行き来することができました。
 翌日以降は雨も上がり、参加者一同は初春の陽気の中、印象に残る2日間を過ごすことができました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



259.伝灯奉告法要のご案内です


20160919ポスター 

 前回、9月12日に山口別院で開かれた「奉讃伝灯作法」の研修会についてご報告しましたが、伝灯奉告法要の概要についてこれまでご連絡していなかったことに気づきました。
 以下、その概要についてご連絡いたしますので、団体参拝や個人でのご参拝のご参考にしてください。
 (このブログの「カテゴリ」に「伝灯奉告法要」という項目を加えました。この法要や団体参拝に関する記事をここに入れていきますのでご利用ください)

○伝灯報告法要とは 
 宗祖・親鸞聖人があきらかにされた「浄土真宗のみ教え」(法灯)が、第25代となる専如ご門主に伝えられたことを、仏祖の御前に告げられるとともに、お念仏のみ教えが広く伝わることを願い、勤められる法要です。
 一昨年6月6日に本山において法統継承式がとり行われて専如新ご門主が就任されておられますが、今回の伝灯奉告法要はそのことを仏祖の御前に奉告されるお勤めです。

○法要の期間
 今年10月1日より来年5月31日まで、8期80日の午後に本山にて勤修されます。ただし、4月18日のみは大谷本廟でお勤めされます。
 (宇部北組では、この法要に参拝する団体参拝を企画し、4月17日に参拝することで現在参加者を募っているところです)

○法要の次第
 日程説明、挨拶、布教 13:45~14:00
 法要         14:00~15:00(内容については、前回のこのブログにご紹介しています)
 「伝灯のつどい」   15:00~15:30

○関連する行事
 帰敬式 午前7:00~7:30および16:30~17:00におかみそりを受けることができます。

○布教伝道
 記念布教 上記の法要に先立って行われる布教です
 常例布教    昼(12:15~30分)、夜(19:00~40分) 聞法会館1階の総会所で行われます
 「布教リレー」 9:00~16:00 境内のお茶所で行われます

○個人での参拝(一般参拝)
 団体参拝とは別に個人で参拝される方、予め申込いただきますと当日参拝席を確保することができます。寺までご連絡ください。

○その他の関連事項
 その他次のような協賛行事が計画されています。詳細については寺までお問い合わせください。
 ・伝灯奉告記念参拝 人生の節目などを記念して参拝される方
 ・初参式
 ・梵鐘体験 お晨朝、奉告法要に先立って梵鐘撞きを体験していただけます
 ・書院、飛雲閣特別公開
 ・慶讃茶席 「飛雲閣」でお茶席を体験いただけます 
 ・「龍谷ミュージアム」特別展
 ・北境内地売店、白洲施設 法具や京都土産のお店が出店します

(図は、奉告法要のポスターです)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

258.「奉讃伝灯作法」研修会に参加しました

20160916散華 

 去る9月12日、山口別院で「奉讃伝灯作法」研修会が開催され、参加しました。

 当日は、本山から法式本部の中原敬恵師をお迎えして、10月1日から勤修される伝灯奉告法要のお勤めと作法について学ぶことができました。

 法要は、次の「奉讃伝灯作法」により進められます。

  行事鐘

  結衆、列衆入堂
  ご門主入堂(阿弥陀堂)
   登礼盤
   散華(念仏)
   表白
   正信偈・依教段
   降礼盤

  ご門主転座(御影堂に移られる)
   登礼盤
   正信偈・依釈段
   念仏(四句)、和讃(二首)、念仏(四句)、和讃(二首)
   念仏(十二句)
   回向句(「自信教人信」以下の4句)
   降礼盤
  ご門主退出

  その後「信心のよろこび」を一同で拝読
  
 この「奉讃伝灯作法」は今回の奉告法要のために定められたもので、法要期間を通じて用いられます。そのうち、「散華」の部分は新たに作られたものです。

 お勤めの後に一同で拝読する「信心のよろこび」については次の通り紹介がありました。

  「親鸞聖人は仰せになる
(以下一同で拝読)
   今、すべての人びとを救おうという阿弥陀仏の本願のお心をお聞きし、
   愚かなる無明の酔いも次第にさめ、
   むさぼり、いかり、おろかさという三つの毒も少しずつ好まぬようになり、
   阿弥陀仏の薬をつねに好む身となっておられるのです」

 この研修会に参加して、法要がいよいよ近づいたということを実感しました。

(図は、「奉讃伝灯作法」で新たに定められた「散華」の部分です)

((このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

124.「宗門総合振興計画」が決まりました


20150605経蔵
  20150605イチョウ  

 5月12日から14日の間に開かれた第309回臨時宗会で「宗門総合振興計画」が審議され全議案が可決され、6月1日より計画がスタートしています。

 この「宗門総合振興計画」は、専如新ご門主のご就任を機縁として決められたもので、平成37年3月までの10年(会計年度)を対象として3期に分けて推進されるものです。

 この計画では、宗門をともに支えあう私たち一人ひとりの使命は「あらゆる人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝え、もって自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献すること」とされ、次の3つの基本方針が定められました。

 1.仏教の精神に基づく社会への貢献
  仏教、特に浄土真宗にご縁の薄い方、まだご縁のない方を含めた、より多くの人々に対するはたらきかけをすすめていくものです。
 2.自他共に心豊かに生きる生活の実践
  上記の活動により仏教や浄土真宗にご縁ができた、または深まった人々にさらに積極的にみ教えを伝えていくための活動です。
 3.宗門の基盤作り
  上記1.および2.を宗門全体で実践していくための支えとなる組織の充実を図るものです。

 また、この計画は、今後予定されている次の大切な法要を展望したものでもあります。
  〇専如新ご門主の伝灯奉告法要(平成28年~29年)
  〇親鸞聖人御誕生850年および立教開宗800年慶讃法要(平成35年)

 そのうち、伝灯奉告法要の日程が次のように決まりました。

  平成28年 
   第1期 10月 1日~ 8日
   第2期 10月20日~27日
   第3期 11月 4日~11日
   第4期 11月18日~25日
  平成29年
   第5期  3月 7日~14日
   第6期  3月28日~4月4日
   第7期  4月11日~18日
   第8期  4月25日~5月2日
   第9期  5月 9日~16日
   第10期  5月24日~31日

(写真はご本山の「経蔵」とイチョウです。)

 6月1日にご本山にお参りする機会がありました。イチョウの若葉も緑色が深まっていました。
 この「経蔵」は境内のブックセンターの前にある建物で、1678年に完成したものです。大きな建造物が多い境内では目立たない建物なのですが、函数665、6323巻の、「大蔵経(一切経)」が収められていて重要文化財に指定されています。
 このイチョウはその独特の形から「逆さ銀杏」と呼ばれています。樹齢400年と推定され、京都市の天然記念物に指定されています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

21.法統継承式がとり行われました

20140609法灯継承広告 (2)

 本願寺において法統継承式がとり行われ、法統が第24代即如ご門主から第25代専如ご門主に引き継がれました。 
 新聞の報道によりますと、継承の行事には全国から8000人の僧侶とご門徒さんが参列されたということです。

 継承式は次のようにとり行われました。

  6月5日 
   ○ご消息発布式(御影堂)
    即如ご門主が「退任に際しての消息」を親読されました。
   ○御譲渡式(非公開)

  6月6日 
   ○法統継承式
    第1部 法要(阿弥陀堂、御影堂)
    第2部 式典(御影堂)
     専如ご門主がご消息を親読されました。

 専如新ご門主は、即如前ご門主のご長男で36歳。お名前を大谷光淳(こうじゅん)といわれます。平成20年(2008年)から昨年末まで、東京の築地本願寺の副住職を務められ首都圏でのご法義拡大に尽力してこられました。
 
(写真は、6月6日の全国版の新聞に掲載された法統継承を伝える広告です) 
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR