FC2ブログ

289.お正信偈を読む(62):依釈段(39)/結讃(2)


20170102日の出

 ご一緒の学んでまいりました「お正信偈」も結讃4句のうちの最後の2句となりました。

[御文] 道俗時衆共同心 唯可信斯高僧説 (どうぞくじしゅうぐどうしん ゆいかしんしこうそうせつ)

[訓読] 道俗(どうぞく)時衆(じしゅう)ともに同心に、ただこの高僧の説を信ずべしと。

[訳文] 出家のものも在家のものも今の世の人々はみなともに、ただこの高僧方の教えを仰いで信じるがよい。
 
 御文にあります、「道俗」の「道」は僧侶を、「俗」は在家の人々を、「時衆」は「今の世の人々」のことを指します。
 親鸞聖人は、この2句で今の世の人々はみな共に心を同じくして七高僧の教えを信じるようにお勧めになったのです。

 もう一度、お正信偈の構成をみてみますと、最初に親鸞聖人はご自身のご信心を表明され、次いで『大無量寿経』により阿弥陀如来のご本願を讃嘆され、お釈迦さまはがこの世に出でていただき阿弥陀如来のご本願をお伝えいただいたことを讃嘆され、インド、中国、日本の七人の高僧方を通じてお釈迦さまの開かれたみ教えが私たちに伝えられたことを喜ばれ、私たちがこのみ教えを間違いなく受け止めるように勧められています。

 親鸞聖人のご本意は、お釈迦さまによって開かれたみ教えが2500年の後まで伝えられた大きな流れをしっかりと受け止めて、これを次の世代に取り次いで欲しいということだと思います。

 浄土真宗のご門徒さんのお宅では、朝夕にお正信偈をお勤めし、それを幼い頃から耳にし歌のようにして口にしていたとお聞きしました。家を出る時には仏さまに「行ってきます」、帰ってきたら「ただいま戻りました」とお仏壇に向かっていたと仰った方もありました。
 生活の中心に「仏さま」があり、子守歌のようにお正信偈があるという生活が長い間続けられていたのだと思います。

 現実に進展している核家族化、都会化の中でこのような生活を送ることは非常に難しくなっており、ますます困難さを加えると言わざるを得ません。
 その現実の中で、親鸞聖人が私たちに勧められた、お念仏の中で生活することをどのようにして実現できるのか、という大切な重い課題が私たちに与えられていると改めて実感されます。

(写真は、12月30日の日の出です)

 寺の近くに、冬の時期にこのような日の出を見ることができる場所があります。当日の日のでは7時20分過ぎでしたが、手が凍えるような冷え込みでした。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



288.お正信偈を読む(61):依釈段(38)/結讃(1)


20161230霊鷲山夕日s

ご一緒に学んできましたお正信偈も最後の4句になりました。結讃と呼ばれる部分です。

[御文] 弘教大士宗師等 拯済無辺極濁悪(ぐきょうだいじしゅうしとう じょうさいむへんごくじょくあく)

[訓読] 弘教(ぐきょう)の大士(だいじ)・宗師(しゅうし)等、無辺(むへん)の極濁悪(ごくじょくあく)を拯済(じょうさい)したまふ。

[訳文] 浄土の教えを広めてくださった祖師方は、限りない五濁の世の衆生をみなお導きになる。
 
 ここで「大士」は菩薩のことだと伺いました。インドの龍樹、天親両菩薩を指します。
 「宗師」は、本宗の祖師ということで、曇鸞大師以下の5人の高祖方を指します。
 「拯済」の拯も済もいずれも「すくう」という意味で、限りない五濁の只中にいてそれから抜けることができない、私たちを救っていただけるとお示しいただいています。

 親鸞聖人は、この2句によって、今から2500年前という遠い昔の時代にお釈迦さまによって説かれた阿弥陀如来のご本願の教えが、七人の高僧方の教えを通じて私たちに届いていただいているということを示されました。

 『正信偈講義』で柏原祐義氏は、(釈尊のみ教えは、)「時を過ぎ処(ところ)を経るに従うて、だんだん盛んになった。この風光(ありさま)は、ちょうど雲とざす深山の谷に湧き出た露のしたたりが、落ち葉をくぐり岩を回って流れるにつれ、何時(いつ)となく水量(みずかさ)を増して谷川の流れとなり、岩をもくだく滝津瀬(たきつせ)となり、さては野辺に出で、静かに四辺の田畑(でんばた)を潤し、村を過ぎ花野を通って、遂には洋々たる大河となって海に注ぐようである。」と記されています。

 氏は、龍樹・天親の両菩薩の時代には落ち葉をくぐる細流であったみ教えは、曇鸞大師の時代には谷を下る早瀬の姿となり、道綽禅師・善導大師のお二人は古今の諸師の誤りを正す断固たる流れとなり、源信和尚は身は天台宗にあって強いて諸宗と衝突することなく暖かく静かに流れ、源空聖人は堂々としてしかも慈母のごとく人びとを導かれたと、それぞれの時代の浄土の教えの姿を眼に見えるように描かれています。

(写真は、2012年にインド霊鷲山で出会った夕日です)

 お釈迦さまはこの霊鷲山で『仏説観無量寿経』を説かれたと伝えられています。
 前回取り上げた写真より時間的には少し前になります。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 

286.お正信偈を読む(60):依釈段(37)/源空讃(4)


20161223法然聖人 

 親鸞聖人が源空(法然)聖人のみ教えを讃えられた「源空讃」の最後の2句になります。

[御文] 速入寂静無為楽 必以信心為能入 (そくにゅうじゃくじょうむいらく ひっちしんじんいのうにゅう)

[訓読] すみやかに寂静(じゃくじょう)無為(むい)の楽(らく)に入(い)ることは、かならず信心をもつて能入(のうにゅう)とすといへり。

[訳文] 速やかにさとりの世界に入るには、ただ本願を信じるより他はない」と述べられた。

 今回の2句は、前回の2句が「本願を疑っていつまでも迷いの世界にとどまる」所以を述べられたのに対して、「本願を信じて浄土に往生し、さとりの世界に入る」ことを示された句です。

 御文の中の「寂静」と「無為」とはともに、「涅槃」、さとりの世界をあらわします。寂静は「煩悩がなく心が静かで安らかな」こと、無為は「私たちのはからいである為を超えている」ことを表すと教えていただきました。
 「楽」の語は、法然聖人が『選択本願念仏集』に「涅槃の城(みやこ)には信をもって能入となす。」と記された城(みやこ)を指します。都を表す「洛」と同音となります。
 「能入」は、入ることができる因を表します。

 このように、法然聖人はこの2句で、信心が浄土に入る因となることをお示しになりました。

 この法然聖人の念仏の教えは、民衆の心をとらえて都に広まっていきます。
 このことを快く思っていない奈良や比叡山の在来の宗教からは、猛烈な反発をうけることになります。そのような中、1207年(承元元年)念仏停止の命が下され、4名の門弟が死罪に、法然聖人、親鸞聖人を含む7名が流罪に処せられるという法難に遭われました。
 法然聖人は土佐(実際は讃岐)に、親鸞聖人は越後に配流されました。法然聖人はその4年後に許されて京都に戻られますが、その翌年80歳でご往生されました。

 法然聖人は、配流に当たって「これは地方に念仏の教えを広める良い機会で、私がこれまで願っていたことだ」といった意味の言葉を門弟方にかけられたと伝えられています。親鸞聖人も始め配流先の越後で、その後関東の地に移られてみ教えを広められました。
 このように、流罪という大変なご苦労の中で「都の宗教」であった念仏の教えは地方に広がり、今日の盛隆の礎となりました。

(写真は法然聖人のご絵像です)

 14世紀に描かれたと伝えられる知恩院蔵のご絵像。画像はウイキペディアからお借りしています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

283.お正信偈を読む(59):依釈段(36)/源空讃(3)

 

20161212夕日s
  

 「お正信偈を読む」は源空讃の第3回目になります。

[御文] 還来生死輪転家 決以疑情為所止 (げんらいしょうじりんでんげ けっちぎじょういしょし)

[訓読] 生死(しょうじ)輪転(りんでん)の家に還来(かえ)ることは、決(けつ)するに疑情(ぎじょう)をもつて所止(しょし)とす。

[訳文] 「迷いの世界に輪廻し続けるのは、本願を疑いはからうからである。・・・

 本日2句とと次回の2句は、法然聖人が『選択本願念仏集』で「まさに知るべし、生死の家には疑をもって所止となし、涅槃の城(みやこ)には信をもって能入となす。」と説かれたことを承けたものです。
 この4句は、本願を信じるか疑うかによって往生できるかどうかが決まるということを明らかにされた部分で、「信疑決判」と呼ばれる偈文です。

 文中の「生死輪転の家」は、幾度となく生死を繰り返し、車の輪が回るように六道の迷いから抜けることのない世界を示します。ネズミでしたか、クルクル回る輪の中で走り続けている姿を思い浮かべさせる言葉です。 
 法然聖人は今回の2句で、本願を疑い、自力の計らいを求めるものには、永遠に迷い続ける道しか残されていないということを説かれています。

 すでに学びましたように、法然聖人は念仏を選びとって往生の道とされ、それ以外の諸行を捨てるようにお勧めになりました。なぜ聖人は念仏を選びそれ以外の諸々の行を捨てるように勧められたのでしょうか。

 聖人はその理由として「勝劣」と「難易」を挙げられたと伺いました。
 念仏は勝れた功徳、価値を持っており諸行は劣っている、また念仏は修するに易しいが諸行は難しいのだとされました。「南無阿弥陀仏」の名号にあらゆる徳がおさまっている念仏は勝れた行であり、老若男女を問わず、だれでもどこででも称えることができる易しい行なのだとお示しになりました。

 それまでの浄土教は、戒律を守り難しい修行をすることによって往生を願う教えであり、そのような修行が難しい人のために「やむなく」易しい称名念仏があるのだとされていたとお聞きしています。そこでは、難行こそが勝れた行であり、易しい称名念仏は劣った行だとされていました。
 これに対して法然聖人は、その考え方を逆転して易しい行こそが勝れた行であるとされたのです。
 聖人は、阿弥陀如来ご本願は一切の衆生を等しく救うというものであるから、難しい行ではなくただ念仏一行だけが往生のための行だとされたのです。
 聖人ご在世当時の、戦乱と天災に翻弄され望みを見出せない人々を前にして、この教えこそが衆生を等しく救う道だと確信をされたのだと思います。

(写真は先日通りかかった山陽小野田市郡梶付近から見た夕日です)
 この場所では小高くなった道路から瀬戸内海を眺めることができます。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

281.お正信偈を読む(58):依釈段(35)/源空讃(2)

20161205滝ノ口河川公園s    20161205滝ノ口河川公園1s

 お正信偈を読むは、親鸞聖人が法然聖人を讃嘆された「源空讃」の2回目になります。

[御文] 真宗教証興片州 選択本願弘悪世 (しんしゅうきょうしょうこうへんしゅう せんじゃくほんがんぐあくせ)

[訓読] 真宗の教証(きょうしょう)、片州(へんしゅう)に興(おこ)す。選択(せんじゃく)本願、悪世(あくせ)に弘(ひろ)む。

[訳文] (法然聖人は)この国に往生浄土の真実の教えを開いて明らかにされ、選択本願の法を五濁の世にお広めになった。

 今回の2句は、前回の2句とともに親鸞聖人が法然聖人のご功績を要約されたものです。

 今回の第1句に記された「真宗」は「真実の教え」の意味で、ここでは特定の宗派の名称ではありません。
 法然聖人は『選択本願念仏集』の中で、「道綽禅師は聖道と浄土の二門を立てられ聖道を捨てて浄土に帰された」とされましたが、その浄土門の中の真実の教えです。
 また、「教証」は教義全体を指すものです。
 「片州」とは日本のことです。インドや中国といった仏教の国(大国)と並べて見ると、日本はその片隅の小さな国です。しかし親鸞聖人は、この小さな日本で法然聖人によって浄土の真実の教えが興されたのだと、誇らしく宣言されているように思われます。

 第2句の「選択本願」は、全ての衆生を救うと誓われた阿弥陀如来のご本願(第十八)を指します。
 また、「悪世」は五濁悪世のことで、劫濁、見濁、煩悩濁、衆生濁、命濁という5つのけがれが満ちた悪い世のことで、私たちが生きている現実の世界を示すものです。
 この句によって、親鸞聖人は、法然聖人がこの末法の悪世に阿弥陀如来のご本願を広められたと讃嘆されているのです。

 前回にも見ましたように、戦乱と天災に見舞われた社会の中で、在来の仏教は内部対立を激化させるなど時代の要請にこたえるものとは言い難い姿を呈していました。
 法然聖人が求められたのは、このような悪世のなかで、一般の衆生が救われる道でした。
 聖人は、在来の聖道門の諸宗では聖者だけに往生浄土の道が開かれおり、多くの衆生が救われる道は聖道の門には無いとされました。
 聖人は善導大師の教えに従って、浄土三部経を「読誦」し、阿弥陀仏の浄土を心に念じ(「観察」し)、阿弥陀仏のみを「礼拝」し、阿弥陀仏の名号のみを称え(「称名」)、阿弥陀仏のみの徳を「讃嘆し供養」するという5つの正しい行(五正行)を行うように勧め、それ以外の行を雑行として退けられました。
 さらに聖人は、善導大師の教えを受け継がれて、五正行のうち「称名」を正定業(しょうじょうごう)とされ、他の4つの正行を助業(じょごう)とされました。
 「称名」が、阿弥陀如来が一切衆生を等しく往生させるために選ばれた行だとされ、他の4つの行はそれに随伴し、それを助ける行とされたのです。
 
 このように、法然聖人は、聖道門を捨てて浄土の門に入り、五つの正行以外の雑行を捨てることを勧められ、さらに称名念仏のみが正定業であるとされたのです。
 聖人は、往生浄土の因は称名念仏以外には何もない、ということを宣言されたのです。
 
(写真は、下松市の「滝ノ口河川公園」というところの紅葉です。岩国の帰りに行きました)

 この河川公園も初めて訪ねたところでしたが、川の流れにモミジが映えて美しいものでした。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR